The SPF and the PA?

SPFとPAとは?

HOME > SPFとPAとは?

SPFとPAとは

SPF30と50ではどう違うの?
数値の違いをよく知ることで、お肌への紫外線ブロック効果をアップさせましょう。

SPFとは「時間」を表します

SPFとはSun Protection Factorの略で、紫外線B波をブロックすることができる「時間」を表します。 つまりSPFが高ければ高いほど、紫外線を長時間ブロックしてくれるということになります。

そのためSPFは時間の単位でもあり、SPF1=20分になります。 よってSPF30のものでしたら、20分×30(SPF)で10時間(600分)の紫外線ブロック効果が持続します。

SPF50+の場合、SPF50以上を指します。
そのため、紫外線のブロック効果が20分×50(SPF)以上で16時間以上の効果があるということになります。

ただ夏場は汗や表皮から出る脂質などで、日焼け止めの成分が流れやすくなります。 そのためこまめに塗り直すことが大切であると言えます。

PAとは「紫外線ブロック効果」を表します

PAとはProtection Grade of UVAの略で、実はこちらが紫外線ブロックの強度を表す指数になります。

PA表記 意味
PA+ UVA波を防ぐ効果がある
PA++ UVA波を防ぐ効果がかなりある
PA+++ UVA波を防ぐ効果が非常にある
PA++++ UVA波を防ぐ効果が極めて高い

これまではPA+++が最高レベルの表示でしたが、2013年4月よりPA++++の表示が可能になりました。 PAの目安ですが、通勤や散歩程度の日常生活レベルでしたらPA+のものでも紫外線をブロックしてくれます。 レジャーなどの屋外で過ごすことが多い日は、PA+++~PA++++の方が良いでしょう。

UVA波とUVB波について

日焼けというと、肌が焼けて黒くなってしまうことと思いがちですが、実はそれだけではありません。
紫外線には主にUVA波とUVB波という2種類の紫外線の波長があり、その2つによって日焼けの仕方が異なるのです。

一般的なイメージの「日焼け」を引き起こすのがUVB波です。
UVB波は紫外線全体の5%ですが、強力なエネルギーで肌表面を黒化させます。
シミ・ソバカスの原因となりますが、肌の表面でほとんどが吸収されてしまいます。

一方、UVA波は紫外線の95%を占め、エネルギー自体は弱いものです。
しかし「うっかり日焼け」の原因になるのがこちらの紫外線。 日差しの弱い曇りの日でも降り注いでいて、肌の真皮までエネルギーが届いてしまいます。
真皮を構成するコラーゲンやヒアルロン酸などを破壊し、シワやたるみの原因を作ります。 これを紫外線によって肌が老化してしまう現象「光老化」と言います。

UVA波のブロック効果について

この「光老化」の原因のひとつである、UVA波のブロック効果が高いものはPA+++~になります。
ただし室内や、数分の散歩程度の外出ならばPA+でも十分効果があります。
しかし夏本番に入ってくると、日傘などで対策をしていても、地面からの照り返しなどで思っている以上に紫外線を浴びてしまうもの。
念のために、PA+++~からのUVブロック効果のあるタイプの日焼け止めを選ぶ方がUVA波のブロック効果も高くなります。

ASAYAKEモイストUVクリームは、SPF50+/PA++++です。
普段使いにもOKなので、日頃からの紫外線ケアにぴったりですね。

詳しくはこちらから